Archive for the ‘インフォメーション’ Category

milkysphoto

ミルキーズも3回目のLIVEとなりました。
題して『スナックミルキーズ』

FRスナックミルキーズS

昨年の秋に、巴里のモンマルトルで
夢の再結成を果たした
幻のアイドル、背徳の3人娘。こと、
ミルキーズ!
好評につき、今年、新春早々、
東京凱旋公演を行い、
本格的に活動を再開!
調子に乗って、再度、
巴里のモンマルトルにて、
3度目のLIVEを行います。

昭和のアイドルは、
「平均年齢20歳」も今は昔。
気がつけば「閉経年齢50歳」。
だから、今、キャッチフレーズを
〝平成の閉経アイドル〟と
開き直って、 図太く、厚かましく、老いてますます、
歌って踊って、暴れます!

2015年6月21日(日)
マチネ 14:30(14:00開場)
ソワレ 18:30(18:00開場)
於 浅草リトルシアター
台東区浅草1-41-7  清水ビル2F
03-6801-7120
入場料 3000円

出演
吉行由実(歌う映画監督)
里島美和(踊るシナリオライター)
さらだたまこ(放送作家のトビ道具)

小島亜紀子(鍵盤の魔術師)
Angelo (イタリアから来たギタリスト)


ゲスト
白石雅彦(脚本家のセンセ)
※アニメ『キングダム』の脚本家にして、
ピンクシェークスピア俳優

And More…
予定にないこともあるかもよ♪

 

ミルキーズ(プロフィール)
1975年3月に『年下の男の子』をカヴァーしてデビュー。
そして、1978年3月に突如日本の芸能界から
ぷつりと消息を絶った。
その後、日本の芸能史にその名を残すことなく、
人々の記憶から消えた。
しかし、一部の根強いファンによって、
今もその伝説は語り継がれている。
昭和の幻のフェイク・アイドル、それがミルキーズ。
(世界アイドルスター銘鑑より引用)

チラシは こちらから
スナック・ミルキーズのチラシ

お問い合わせは
このカクシゴトヤのサイトのフォームから
どうぞ

 

スナックミルキーズ

昨年の9月に巴里モンマルトルで再結成した
幻のアイドル、背徳の3人娘。
その名は〝ミルキーズ〟
一度だけの再結成のつもりが、
またやっての声に応えて、
今年の1月には東京凱旋公演を果たし、
そして、また、もっとやっての声に
調子に乗って
6月21日の日曜日に、
LIVEを行います。

題して〝スナック・ミルキーズ〟
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミルキーズのメンバーも、
デビュー時は平均年齢20歳だったのに、
いまや、閉経年齢50歳!
でも、めげません!
ますます頑張ります。
もう、キャッチフレーズも開き直って

熟女! 平成の閉経アイドル♪

で行きます!
背徳の3人娘。ミルキーズが、
今回も、ステージ狭しと歌って踊って
暴れます。

2015年6月21日(日)
マチネ 14:30(14:00開場)
ソワレ 18:30(18:00開場)
於 浅草リトルシアター
台東区浅草1-41-7  清水ビル2F
03-6801-7120
入場料 3000円

チラシはこちら↓
スナックミルキーズ

問い合わせは、コチラ から

今回のLIVEのだいたいのお話はこんな風です。

巴里のモンマルトルで夢の再結成を果たした幻のアイドル、
背徳の3人娘。こと、ミルキーズ! 東京凱旋公演を無事終えて、
次なる目的は、再度、国際的な檜舞台へ!
そこで、最初のステップとして選んだのは、
スシやアニメ、コスプレなどクールジャパンブームが根づいた巴里で、
日本の歌謡曲を流行らせようと目論み、
モンマルトルのいかにも場末のシャンソニエで日本式スナックを営業。
どうせならと、〝ミシュランの三つ星〟を獲得せんと大きな野望を抱いて、
日本式スナックのおもてなしを極め、
日夜、歌いまくり、躍りまくる
閉経アイドルの痛いステージに乞うご期待!

我らがミルキーズのメンバー、踊るシナリオライター
里島美和ちゃんの初監督作品、短編映画 『かがり糸』の上映会と
5月の「母の日」にちなみ、親子をテーマにした文学作品の朗読
そして、ミルキーズ(吉行由実、里島美和、さらだたまこ)のミニライブで楽しんでいただく
おしゃべりサロンを開催いたします。
ミルキーズも母の日にちなみ、新曲「かあさんの歌メドレー」をひっさげての登場!
乞ご期待!

皆様のお越しをお待ちしております。

日時 :  2015年 5月16日 (土)
マチネ  14:30開演(14時開場)
ソワレ 18:30開演(18時開場)
場所 :  Casa Mozart (カーサ・モーツァルト)
出演 :  里島美和 里島凌平 ミルキーズ
演奏 :  小島亜紀子
入場料 :  3000円

お問合せ・お申し込みは、このサイトの
メールフォームで承ります。

詳しくはチラシをご覧くださいませ。
里島美和映画祭flyr

さらだたまこです。
恒例ライブ『ルフラン』のステージ第4弾!

今回は、NEW YEAR’S SPECIAL
『新春シャンソンショー』をお届けいたします。

milkys3

いつもの浅草モンマルトル、場末のシャンソニエから、
日本のTV局の、あの名番組(某音楽番組)で生中継!
司会は、昨年9月に一夜限りの復活ライブショーで
よみがえった幻のアイドル『ミルキーズ』の3人!

ミルキーズ=背徳の3人娘。
(吉行由実、里島美和、さらだたまこ)
メインゲストは、人生がシャンソンそのものという
女優・小川はるみ!
そしてスペシャルゲストに、人気声優・宝亀克寿!

小川はるみの本格派シャンソンと
宝亀克寿のクールな歌声
それを混ぜ繰り返すヘタウマアイドルのミルキーズ

わかりやすく言えば
フレンチソングVSハレンチソング

世の中は、裏と表、両輪が支え合ってこそ
うまみがあるのだと、
ルフランのステージは、これを
テーマに今回も背徳まっしぐら!

こんなシャンソンショー
見たことないかも!
シャンソン関係者の皆様
ごめんなさい!

詳細は コチラのチラシをどうぞ↓
新春シャンソンショーチラシ

お問い合わせ・ご予約は
コチラから
(さらに…)

さらだたまこです。
恒例となりつつある、ルフランのステージ。
4月に続いて第3弾!

今回は、スピンオフ企画
いつもの浅草モンマルトル
場末のシャンソニエで開かれる
一夜限りの元アイドル復活ライブショー!
・・・という体でお送りいたします。
**********************

テレビ黄金時代、歌謡界全盛の1970年代、
アイドルに憧れて芸能界をめざした十代の乙女達が。
それから何年たっただろう?
舞台はパリのモンマルトル。
ここは、いかにもな場末のシャンソニエ。
ステージに登場するのは、
『かつて、日本でアイドルスターだった』
と嘯く、 その名も〝ザ・ミルキーズ〟
パリに巻き起こる折からのクールジャパンブームに便乗し、
世界を席捲しようと目論む、背徳の3人娘。
よせばいいのに~♪
いえいえ、遠慮してる歳ではございません。
歌います! 踊ります! ハチキレます!
浅草の小さな劇場の扉を開ければ、
そこはモンマルトル。
時空を無理くり縮めた関係上、多少の歪みが生じても、
そこはご愛敬!
夢か、幻か、一日限りの白日夢であっても、
諦めずに夢に向かって羽ばたきます。

〝ザ・ミルキーズ〟の背徳ステージが、
貴方さまのご来場をお待ちしてます。

********************

2014年9月23日(火・祝)
マチネ 14:30(14:00開場)
ソワレ 18:30(18:00開場)
於:浅草リトルシアター

入場料 3000円

出演
吉行由実(歌う映画監督)
里島美和(踊るシナリオライター)
さらだたまこ(放送作家のトビ道具)

小島亜紀子(鍵盤の魔術師)

ゲスト
GO SAITO
SHIGERU AIKAWA

********************
今は映画監督の由実
そしてシナリオライターの美和
放送業界の裏方に徹してきた、たまこ
この3人。
実はアイドルになりたかったんです。
だって、どんぴしゃ、百恵ちゃん、聖子ちゃん世代なんですもん。
今回は、もうほとんど記憶が遠のいた
昔、むかーしの10代の青春時代を思い出し、
3人がアイドルを目指した裏話も赤裸々に語りながら、
憧れの海外デビュー、モンマルトルライブの夢に向かって
一夜限りのライブをお届けいたします。
背徳な3人むすめの、白日夢におつきあいいただけましたら、これ幸いでございます。

お申し込み・お問い合わせは
このサイトの お問い合わせフォーム からどうぞ

↓ チラシもこちらにご用意しました。クリックしてごらんください。

ミルキーズのチラシ

 

ルフラン2の公演に先駆け、
前回の公演のハイライトをまとめた映像を
今回の予告編替わりに お送りします。

告知動画はコチラ

場末感たっぷりの世紀末のシャンソニエをイメージして
いきなりのココットおばさんが登場しますので
まずは笑ってみてやってください。


浅草のすぐそばにある、世紀末のモンマルトルで 皆様のご来場をお待ちしてます。

出演
吉行由実
さらだたまこ
牧瀬茜
小島亜紀子
小川はるみ(招福ゲスト)
宝亀克寿(開運ゲスト)

日時:2014.4.20(Sun.)
マチネ 14:30開演(14:00 開場)
ソワレ  18:30開演(18:00 開場)
※マチネは女性限定。(おネエさまは歓迎、殿方はごめんなさい)
※ソワレはどなたでも大歓迎!
会場:浅草リトルシアター

¥3,000(前売)/¥3,500(当日)

お申し込み・お問い合わせは
このカクシゴトヤの申し込みフォームで。

ルフラン2 モンマルトルの宵待草

浅草の扉の向こうに、ベルエポックのモンマルトルが!
悦楽の女王 小粋なココットたちが歌い、舞い、愛を語ります。
2013年9月の初演以来、半年ぶりのルフランLIVEです。
いつもの濃いメンバーに加えて、
開運ゲスト・招運ゲストも参上します。
乞ご期待!

出演
吉行由実
さらだたまこ
牧瀬茜
小島亜紀子
小川はるみ(招福ゲスト)
宝亀克寿(開運ゲスト)

日時:2014.4.20(Sun.)
マチネ 14:30開演(14:00 開場)
ソワレ  18:30開演(18:00 開場)
※マチネは女性限定。(おネエさまは歓迎、殿方はごめんなさい)
※ソワレはどなたでも大歓迎!
会場:浅草リトルシアター

¥3,000(前売)/¥3,500(当日)

お申し込み・お問い合わせは
このカクシゴトヤの申し込みフォームで。

↓ 詳細はフライヤー写真をクリックしてね!

refrain2flyrcover

refrain2flyr

Refrain(ルフラン)はフランス語。
リフレーン(繰り返し)という意味。
19世紀のパリ・モンマルトルのシャンソン酒場では、
時代を映す洒脱な唄が人気を集めた。
客席も一緒に歌を楽しめるように
サビやエンディングを繰り返し歌い、
みなで合唱した。これをルフランという。

今回も、女優、ダンサー、作家といった
異業種の女たちが集まって、
歌い、語り、演じ、踊り、
さまざまなパフォーマンスを繰り広げ、
ルフランの大合唱でストレスを発散して
カタルシスを得る・・・という今までにない画期的ライブ。
薔薇色のステージに、ふんだんに盛り込んでお届けします。
さあ、みなさんも、一緒に!
お気に召したらルフランを唄ってください。

ココットはココット料理などと言いまして、
陶製のお鍋のことですが、
快楽の女王を意味する言葉でもあり、
高級娼婦のことをいいました。吉原でいう花魁。
花魁がお江戸のファッションリーダーだったように、
ココットも20世紀初頭まで文学や芸術にも様々な影響を与え、
また、自らの文化も創り出しました。

ルフランのLiVEでは、そうしたココット達へのオマージュ。
ベルエポックの時代にしなやかに、したたかに生きた女性達、
そして、歴史に語られなかった、世界三大ココット秘話。
それは現代に生きる私たちの心にも生き続ける愛のバイブル!
バラエティに富んだショーケースをどうぞ、お楽しみください。

【今回のダイジェスト】
吉原に売られてきた少女は、
遊女見習いの禿(かむろ)だったが、
ある日、浅草の海で時化に遭い、
波に揺られて、海を渡り、気がついたら
パリのモンマルトルの徒花となっていた。
時はベルエポック。
浮世絵ブームに端を発したジャポネスク旋風が巻き起こる中、
モンマルトルの闇夜に咲いた、
「うみほうずき」という名のココット。
浅草とモンマルトル、そしてあの国、あの時代へ、
縦横無尽に時空を超えて
ココットの物語を紡ぎます。
今回は開運ゲストや招福ゲストがステージに花を添え、
皆様にパワーをもたらします。

会場にお越しになった皆様も盛り上がってくださいね。
ルフランでは、そう、あなたが主役です!

昨年の好評だった
女性限定『吉行由実監督映画祭』
今年は、桃の節句の直前
3月2日(日)に開催いたします。

吉行由実監督は
1990年代から現在まで
日本のピンク映画を代表する女優の一人であり、
監督としても数々の名作を送り出し、
多くの女性ファンにも支持されています。
今回は、最近LIVE活動にも熱心な監督が
上映後、LIVE仲間とともに
官能語りと歌を披露します。
みなさんとのおしゃべりタイムもたっぷり。
一日早い、桃の節句で大人の女子会いたしましょう!

チラシはコチラ↓
吉行由実映画祭2
********************************************

イけない! アフタヌーン 『吉行由実監督映画祭』Part2

◆日程 2014年3月2日(日)
15:00 スタート (受付14:45より)
18:00  スタート (受付17:45より)

◆会場:カーサ・モーツァルト
東京都渋谷区神宮前1-10-23
ラフォーレ原宿裏手、東京中央教会向かい、
原宿医院の3階ホール
最寄り駅
JR「原宿」駅表参道口下車
地下鉄千代田線・副都心線「明治神宮前」駅下車5番出口

◆会費:2000円
*お飲み物+おやつ付き
(当日会場でお支払いください)

◆上映作品予定
新婚妻の性欲~ 求める白い肌
(2012年/OP映画)
出演 羽月希 小川はるみ
※R-18指定です

◆お断り
女性限定の女子会ですので、
参加は女性だけに限らせていただきます。

お問い合わせ:お申し込みは
このカクシゴトヤの申し込みフォームで。

さらだたまこです。
9月8日(日)のライブのお知らせです。
ルフラン Vol.1『パリが愛したココットたち』

s_refrainvol1flyer

これまでもLiVEのお知らせはこのサイトでもたくさんお知らせしてきましたが、これまでと何が違うかというと、私「さらだままこ」もステージに登場しちゃうことです!
ラジオパーパーソナリティもやってますので、イベントの司会もしてますし、作家ですから講演でお話することもあります。
ただ、人前で歌ったり、踊ったりするのは今回初めてです! (さらに…)

 7月4日より開催の

イけない! アフタヌーン
『吉行由実監督映画祭』

の告知動画をアップいたします。

コチラ をごらんください

◆日程
2013年
7月4日(木) 14:00 スタート (受付13:30より)
7月5日(金) 14:00 スタート (受付13:30より)
7月6日(土) 14:00 スタート (受付13:30より)
         18:00   スタート (受付17:30より)

◆会場:カーサ・モーツァルト
    東京都渋谷区神宮前1-10-23 
     ラフォーレ原宿裏手、東京中央教会向かい、
    原宿医院の3階ホール
    最寄り駅
      JR「原宿」駅表参道口下車          
      地下鉄千代田線・副都心線「明治神宮前」駅下車5番出口

◆会費:3000円(当日会場でお支払いください)

◆上映作品予定
●ミスピーチ  (2005年) 林由美香 主演
●未亡人アパート (2007年) 薫 桜子 主演
●アラフォー離婚妻 (2009年) 冴島奈緒 主演

◆お断り 女性限定の女子会ですので、参加は女性だけに限らせていただきます。(作品はすべてR-18指定です)

詳細は下記のフライヤーでもごらんいただけます。
吉行由実映画祭フライヤー

お問い合わせ:お申し込みはこのカクシゴトヤの申し込みフォームで。